Secure Access

Absolute Edge

SDP のための最高のユーザーエクスペリエンスを提供します


ゼロトラスト・アプローチの採用

多くの組織がゼロトラスト・アプローチを採用し始め、組織向け VPN などの従来のネットワーク・アクセス・セキュリティの概念を、ゼロトラスト・ネットワーク・アクセス (ZTNA) ソリューションで強化することを検討しています。Absolute Edge™ 製品パッケージの一部として提供される Absolute Edge は、用意に ZTNA を実現するソリューションです。

ハイライト

幅広い OS をサポート (Windows、Apple iOSおよびMacOS、Android)。耐障害性の高い Windows クライアントにより、VPN の改ざんを防止します。

ユーザーエクスペリエンスを最適化すると同時に、リスクを最小化します。

リアルタイムの継続的なリスクアセスメントを実現します。

ホストされている場所を問わず、一連のアプリケーションの周囲にコンテキストベースの論理的なアクセス境界を作成します。

不正なユーザーからアプリケーションを見えなくすることで、攻撃対象領域を減少させることができます。

クラウドとオンプレミスに対応した回復力の高い自己修復型のインフラストラクチャです。

Absolute Edge でレジリエンスを維持

脅威の検出と防止

  • Absolute が提供する世界初の自己復活型 ZTNA ソリューションにより、従業員がどこで仕事していても、中断することなく安全なアクセスを確保することができます。
  • Windows 用の自己復活型 Secure Access クライアントは、改ざんされたり、誤って削除されたり、あるいは動作しなくなった場合、自動的に自己修復または再インストールを行います。

  • ZTNA ポリシー・アクションは、ゼロトラスト・セキュリティ・ポスチャの基盤を強化し、従業員の保護を 強化するとともに、ネットワーク経由の横方向の動きを制限することができます。

安全で最適化されたリモートアクセス

セキュアなアプリケーションアクセス

  • アプリケーションは、許可されていないユーザーからは見えないようになっており、侵入者やリスクの高い接続から組織を安全に守ることができます。時間帯、ユーザー、デバイスのセキュリティ状態、ジオロケーション、ネットワーク接続など、さまざまなコンテキスト要因に関連するリスクとコンプライアンス要件に基づいて、Web、プライベートおよびパブリッククラウドアプリケーションへのアクセスを制御します。

  • 時間帯、ユーザー、デバイスのセキュリティ姿勢、ジオロケーション、ネットワーク接続などのコンテキスト要因を含むリスクに基づいて、Web およびクラウドアプリケーションへのアクセスを制御します。

  • ゼロトラストネットワークアクセスの原則を適用し、オフィス、外出先、自宅など、すべてのユーザーアクセスに一貫したポリシーを適用します。

エンドポイントで動的にポリシーを施行

モバイル環境に親和性

  • 動的な ZTNA ポリシーは、エンドユーザーにできるだけ近いところ、つまりエンドポイントで実施されます。これにより、チョークポイントを排除し、デバイスデータを保護するとともに、最先端の NIST SP 800-207 Zero Trust Architecture の勧告に適合します。
  • オンプレミスからクラウドへの移行は一夜にしてできるものではありません。ゼロトラストの実現も簡単なものではありません。Absolute は、ワールドクラスの VPN および ZTNA ソリューションを自社プラットフォームとして提供する唯一のベンダ ーであり、ZTNA を短期間または段階的に導入することが可能です。

エキスパートが Absolute Edge を評価する理由

"[ZTNAは] エンドポイントの場所に関係なく、同じユーザーエクスペリエンスを維持し、アプリケーションの利用が適切かどうかを検証します。いつでも、どこでもアクセスできることで、生産性が向上し、保護すべき重要なリソースに集中することができます。"

Pete Lindstrom 氏

IDC

Secure Access FAQ

Absolute Secure Access is one of the company’s core product lines, which was added through the acquisition of NetMotion in July 2021. The product portfolio provides resilient network connectivity for users to securely access critical resources in the public cloud, private data centers, and on-premises. These products allow users to transition from an optimized, secure tunnel to a resilient Zero Trust approach, without impairing productivity or admin controls.

Absolute Secure Access encompasses three products:

  • Absolute Core provides security and confidentiality for data in motion by means of encryption and access controls. It also offers benefits to the end user, such as making tunnel and network sessions resilient and optimizing streaming video and audio.
  • Absolute Edge provides a software-defined perimeter via Zero Trust Network Access, creating a context-based, logical access boundary around an application or set of applications – wherever they're hosted. It shields applications from the Internet, making them invisible to unauthorized users. Access policies are enforced at the endpoint, avoiding latency and any data transgression.
  • Absolute Insights for Network™ offers diagnostic and experience monitoring capabilities across endpoints and network, allowing organizations to proactively monitor, investigate, and remediate end user performance issues quickly and at scale, even on networks that are not company-owned or managed.

Absolute Secure Access packages are offered in two flavors, Absolute Core™ and Absolute Edge™ (formerly called Complete) with the included products as outlined below. Regional variations might be available.

  • Absolute Core
    • Secure, optimized tunnel
    • Policy enforcement
    • Network Access Control (NAC)
  • Absolute Edge
    • Includes Absolute Core
    • Absolute ZTNA
    • Absolute Insights for Network

For Absolute Edge customers, Absolute offers the Absolute Secure Web Gateway Service (powered by Ericom) add-on module that tightly integrates with the extensive policy capabilities in Absolute Secure Access. It strengthens an organization’s security posture while improving end user experience.

Customers can easily upgrade their subscription between Absolute Core and Absolute Edge. Capabilities are additive and enabled via a software license key.

The Absolute Secure Web Gateway Service is an add-on module that tightly integrates with the extensive policy capabilities in Absolute Secure Access, strengthening your organization’s security posture while improving your end user experience. It preserves a natural browsing experience for mobile, deskless, remote, and hybrid workers while defending organizations from viruses, malware, malicious code, zero-day threats, and data loss or leakage. It safely inspects, scrubs, and inoculates Web content in a cloud container before delivering it safely to the user’s Web browser. The Absolute Secure Web Gateway Service extends the same level of protection normally only associated with office or hybrid workers to mobile, deskless, and field workers.

The Absolute Secure Web Gateway Service is available for free trial and purchase as an add-on module to Absolute Edge on-prem or SaaS.

Absolute Secure Access supports Apple® iPad and iPhone devices (iOS 11 and later), Apple MacOS (10.13 and later), Android devices (running on Android 5.0 or later), Android for Work, Samsung KNOX, Windows Pro Tablets, laptops, and other devices running Windows 8, 10, and 11.

デモおよびお問い合わせはこちら

Financial Services