IT | Security

IT資産の管理およびリスクの低減

IT資産の状態を可視化し、リスクが内在しているかどうかを把握します。

資産管理

セキュリティの第一歩は資産管理からです。どこにどのようなデバイスがあるか、どのようなソフトウェアがインストールされ、稼働しているかを知らずに、リスク管理は行えません。

位置情報トラッキングおよびジオフェンシング

デバイスの位置を地図上に表示することができます。また、本来あるべき場所を地図上に範囲指定することで、その範囲外に持ち出された場合、管理者にアラートを送信することができます。

 

不審デバイスやデータの検出

突然ユーザー名が変更されたり、一定期間オンライン状態にないなど、不審な動きをするデバイスがあったら、管理者に通知します。また、機密情報など本来持っているべきでないデータを持っているユーザーがいた場合、それを検出し、盗難・紛失時のリスクを軽減します。

自動復活機能

資産管理や位置情報、データ削除などの機能はAbsoluteのエージェントソフトが行います。万が一、エージェントが削除されても、BIOSに組み込まれた自動復活モジュールで、自動的に再インストールされ、どこまでもトラッキングします。  

ソフトウェア自動復活

エージェントソフトの自動復活機能を流用し、お客様ご指定のソフトウェアを復活させることができます。

自動復活機能

Absoluteの自動復活モジュールは、全世界で5億台以上のデバイスに組み込まれています。 これらのデバイスが万が一盗難や紛失に遭って、エージェントソフトが削除されても、 自動的に復活し、どこまでもトラッキングします。

Absoluteの運用事例

ケーススタディ: Asplundh Tree Expert

デバイスの管理方法や盗難時の運用について、Asplundh の事例をご紹介します。

ケーススタディはこちら

“Absoluteは、有事の際の最終手段を提供してくれます。 デバイスが盗難に遭った際、データ削除やロックなどを駆使し、情報漏洩を防ぎます。ただし、これらを実行するエージェントソフトが削除されてしまうと手も足も出ません。”

Senior Network Administrator / IT Manager, G2 Review